鳥栖-広島 前半、厳しいマークを受けながら突破する鳥栖FW林大地(手前)=広島市のエディオンスタジアム広島

 東京五輪サッカーで選手登録数が18人から22人に拡大されたことに伴い、バックアップメンバーから代表選手となった鳥栖のFW林がスタメン出場した。この日は、相手の厳しいマークに遭い、見せ場をつくることができなかったものの、試合後のインタビューで「(自分が)上にいくためにはアピールの場になる。チームのために走って、金メダルを目指したい」と、大舞台での活躍を誓った。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加