テント寄贈式の様子

 テントなどを製造・販売している多久市の山口産業(山口篤樹社長)がサガン鳥栖にテント3張りを贈った。本格的な暑さが近づく中、選手たちの憩いの場として練習で活用される。

 テントは幅3メートル、奥行き6メートルで、山口産業の社名とサガン鳥栖のロゴがプリントされている。同社設計部の山口健太部長は「佐賀のチームの役に立ちたいという思いで寄贈した。長く活用してもらえれば」と話した。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加