後半戦に突入する7月のリーグ公式戦は3試合。3位の名古屋や勝ち点「4」差で9位の広島、第7節で今季初黒星を喫したC大阪と、難敵が並ぶ。全試合ナイトゲームとはいえ、夏の暑さが本格化する中での戦いは体力の消耗が激しくなるだけに、どれだけ勝ち点を積み上げることができるか。今こそ鳥栖の本来とされるハードワークが求められる。

 天皇杯(3回戦)は福岡との「九州ダービー」。今季公式戦4度目の対決。ここまで1分け2敗と、いまだに白星がない。敗れた試合はいずれも先制を許しており、立ち上がりで波に乗り切れるかがポイントになりそうだ。ホームの応援を後押しに、一矢報いたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加