花壇に花を植える高志館高の生徒たち=佐賀市の市役所前公園

花壇に花を植える高志館高の生徒たち=佐賀市の市役所前公園

花壇に花を植える高志館高の生徒たち=佐賀市の市役所前公園

 ボランティアによる花壇作りが6月27日、佐賀市の市役所前公園など市内3カ所で行われた。「花とみどりのまちづくりリーダー」や高校生ら約60人が活動し、2000株ほどの花で彩った。

 同公園の花壇には、参加者がペンタスやナデシコなど約600株の苗を植えた。参加は3回目という高志館高2年の松尾麗愛さんは「花を配置するバランスに気を付けた。道を歩く人みんなに見てもらえたら」と期待を込めた。

 花植えの活動は2005年から市がリーダーを募って始め、年に2回の植え替えや、水やりなどをしている。16年から高校生らも参加している。10年以上前からリーダーを務める松本滋子さん(61)は「花の世話をしていると、通りかかった人から『本当にきれいですね』などと声を掛けられることもある」とうれしそうに語った。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加