陣内元治社長(右から2番目)からLED懐中電灯を受け取る吉冨敦思代表(同3番目)=佐賀市東与賀町の大坪産業

 金属リサイクルなどを手掛ける大坪産業(陣内元治社長、佐賀市)は6月28日、地域貢献活動の一環で、パトランSAGA(吉冨敦思代表)にLEDの懐中電灯50本を贈った。

 同団体はランニングをしながら地域の見守り活動を行っており、同社の社員1人も所属する。夜間の活動を支援しようと充電式で長持ちする懐中電灯を用意した。

 同社で行われた贈呈式で、陣内社長が吉冨代表に手渡し、「素晴らしい活動で地域にとっては頼もしい。自分の安全にも気をつけて、活動を広げてくれれば」と話した。同団体の新郷大輔事務局長は「とてもありがたい。それぞれの支部でしっかり役立てたい」と謝辞を述べた。佐賀や鳥栖など、全4支部で活用する。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加