食品の表示や温度管理が適切かなどを確認する、佐賀中部保健福祉事務所の食品衛生監視員=佐賀市高木瀬町のスーパーモリナガ高木瀬店

 気温が高くなって食中毒の発生が増える夏場を前に、佐賀県は1日、食品の製造や販売など県内の2500施設を対象に一斉取り締まりを始めた。8月31日までの2カ月間、県内五つの保健福祉事務所の食品衛生監視員が売り場を確認し、違反がないか調べる。

 初日は佐賀市高木瀬町のスーパーモリナガ高木瀬店で、佐賀中部保健福祉事務所の食品衛生監視員2人が店内を見回った。加工品に保存方法や添加物など必要な情報が表示されているかや、冷蔵・冷凍保存すべき食品の温度管理が適切かなどをチェックした。

 同スーパーを担当した、同保健所衛生対策課の冨山秀則係長は「夏場は細菌性の食中毒が多くなる。冷蔵品は最後に買うようにし、すぐ冷蔵庫に移してほしい」と呼び掛けた。

 期間中は県全体で200点のサンプルを回収し、検査機関で添加物の量などに問題がないか調べる。県によると、2020年の食中毒発生件数は12件で、アニサキスが11件を占めた。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加