日本サッカー協会の反町康治技術委員長は1日、東京五輪のサッカーで各代表チームの選手登録数を18人から22人に拡大するとの通知を、国際サッカー連盟(FIFA)から受け取ったことを明らかにした。オンラインで「東京五輪だけの例外的な措置として22名という形になる」と説明した。

 従来は負傷などの場合のみバックアップメンバー4人からの入れ替えが可能で、一度外れた選手の再登録はできなかった。今回の特例では登録22人の中から試合ごとにメンバー18人を自由に選べるという。新型コロナウイルスの影響で、プレー可能な選手が減る可能性を考慮したとみられる。

 日本は男女とも既に代表とバックアップを合わせた22人を発表した。新規定が正式に適用されれば、男子は林大地(鳥栖)町田浩樹(鹿島)瀬古歩夢(C大阪)GK鈴木彩艶(浦和)、女子は木下桃香(日テレ東京V)林穂之香(AIK)三宅史織(INAC神戸)GK平尾知佳(新潟)をバックアップから正式な代表メンバーとする方針。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加