樋口久俊市長(左)から紺綬褒章を受け取る宮園電工の花島光喜社長=鹿島市役所

 電気工事などを手掛ける鹿島市の宮園電工(花島光喜社長)に紺綬褒章が伝達された。市内の小中学生の教育充実に向け、昨年度に市に1000万円を寄付した。29日に市役所で伝達式があった。

 同社は鹿島市で創業して75周年の節目になることから、地元への寄付を行った。伝達式で樋口久俊市長から紺綬褒章を受け取った花島社長は「鹿島の小中学生の健やかな成長を願っている。私自身も社会の役に立てるよう頑張っていきたい」と話した。

 同社は5月、新市民会館の建設事業に対して昨年度に続いて500万円を寄付した。(鹿島支局・中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加