各選手に贈る応援フラッグ=佐賀市の佐賀県庁

 東京五輪に出場する佐賀県関係の選手を応援しようと、県は1日、県庁県民ホールに応援メッセージを寄せ書きするフラッグを設置した。2日まで受け付ける。

 7人制ラグビー女子の堤ほの花選手(嬉野市出身)やセーリング男子の岡田奎樹選手(唐津西高出身)ら9競技に出場する12選手の寄せ書きの旗をそれぞれ用意した。

 2日は午前9時から午後4時まで受け付ける。メッセージフラッグは山口祥義知事が直接渡したり、郵送したりして大会前に選手に届けられる。(草野杏実)

 選手は次の通り。

  7人制ラグビー男子 副島亀里ララボウラティアナラ選手(佐賀市)▽同女子 堤ほの花選手▽ハンドボール男子 岩下祐太選手(神埼市・トヨタ紡織九州レッドトルネード)▽ソフトボール女子 藤田倭選手(佐賀女子高出身)、内藤実穂選手(同)▽セーリング男子 岡田奎樹選手、南里研二選手(佐賀市出身)▽テコンドー女子 濱田真由選手(佐賀市出身)▽ホッケー女子 鳥山麻衣選手(伊万里市出身)▽自転車女子 小林優香選手(鳥栖市出身)▽水泳男子 柳本幸之介選手(伊万里市出身)▽バレーボール女子 石井優希選手(鳥栖市・久光スプリングス)

このエントリーをはてなブックマークに追加