先日、Windows11についての発表がありました。提供時期は今年の後半とのことなので、年末商戦に向けてWindows11搭載のパソコンの発売が期待できそうです。

 もちろん今回もWindows10からの無償アップグレードが可能です。マシンの最小要件は、メモリが4ギガバイト以上、64ギガバイト以上のストレージ容量、9インチ以上のディスプレーなどありますが、現在Windows10がストレスなく稼働しているようでしたら、アップグレードできそうです。

 マイクロソフトは最小システム要件を満たしているかチェックし、使用できるかどうかを確認できる「PC正常性チェックアプリ」を提供するとしています。残念ながら諸事情があったようで現在は準備中となっていますが、しばらくしたらまた再開されるようです。

 「Windows 11登場」で検索し「新しいWindows11OSへのアップグレード」のサイトをご覧ください。6年ぶりの新バージョンということでちょっと楽しみですね。(パソコンスクール経営 浴本信子)

このエントリーをはてなブックマークに追加