アタックする久光の石井優希=SAGAサンライズパーク総合体育館

 日本バレーボール協会は30日、東京五輪女子日本代表12人を発表し、2012年ロンドン五輪銅メダリストで4大会連続出場となる36歳の荒木絵里香(トヨタ車体)らが入った。佐賀県関係では、V1リーグ・久光スプリングス(鳥栖市)の石井優希が選ばれた。アタッカーの黒後愛(東レ)、20歳のセッター籾井あき(JT)、アタッカーの石川真佑(東レ)、古賀紗理那(NEC)らは初の五輪に臨む。 

 アタッカー石井と共にミドルブロッカー島村春世(NEC)、セッター田代佳奈美(デンソー)は2大会連続代表。中田久美監督は「世界一小さい日本が屈強な世界各国に勝つためには、技術だけでは及ばない。団結力を最大化するためには、どのような組み合わせがいいか考えた」と説明。「金メダルを目指して頑張りたい」と力強く言った。
 ネーションズリーグ(イタリア)で4位となったチームは帰国後の隔離期間を経て調整し、本番に備える。五輪の1次リーグではケニア、セルビア、ブラジル、韓国、ドミニカ共和国と顔を合わせる。

石井優希の話 リオの時とは立場や役割などが違う中で、メダル獲得に向けて自分がどう行動できるか大事なポジションだと思う。どんな役割でも任せられた仕事を果たし、オールラウンダーとして積み上げてきたことを出したい。【共同】

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加