絵本作家の谷口智則さん(提供写真)

谷口智則さんの絵画「気球とひまわり畑」(c)谷口智則

 県内で展覧会を開く絵本作家の谷口智則さんが、佐賀市八戸の旧枝梅酒造と武雄市こども図書館でイベントを催す。古材を使った操り人形づくりや90分で仕上げるライブペイントで、愛らしい動物たちがにぎやかに躍動する谷口さんの世界を堪能できる。

 読み聞かせは谷口さんが自らの絵本を読む。ライブペイントは約90分間で、絵本に登場する動物たちを即興で描く。ワークショップは旧枝梅酒造に眠る古材や酒瓶の王冠などを使い、谷口さんと一緒に操り人形を作る。

 九州では過去最大の規模になる谷口さんの展覧会「谷口智則展~絵本の世界~」は、旧枝梅酒造で17日から8月1日まで開かれる。絵本の原画など約130点を展示し、有田焼とコラボレーションした器などのグッズも販売する。武雄市こども図書館でも12日から8月29日まで、絵本『カメレオンのかきごおりや』(2020年)の原画を展示する。

 旧枝梅酒造での読み聞かせ、ライブペイント、サイン会は参加無料。ワークショップ(要予約)は各回定員10組で参加費は2000円、ウェブサイトから申し込む。問い合わせはギャルリーオーの加藤さん、電話080(5706)2331。

 武雄こども図書館でも22日に読み聞かせなどを企画する予定。詳細は武雄市こども図書館、電話0954(20)0222。(花木芙美)

 

■イベントスケジュール(旧枝梅酒造)

17日13時 読み聞かせ&ライブペイント

   15時 サイン会

18日10時 ワークショップ

   13時 読み聞かせ

   14時 サイン会

8月1日

   13時 読み聞かせ&ライブペイント(ゲストはウクレレ奏者のzerokichiさん)

   15時 サイン会

このエントリーをはてなブックマークに追加