曲折を経て実現した防衛省の説明会は、緊張感をはらんで始まった。佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイの配備計画で、佐賀市川副町の配備候補地の地権者を対象に30日に実施された説明会。防衛上の重要性を整然と訴える九州防衛局に対し、出席した地権者からは「日本一のノリ漁に及ぼす影響への心配が拭えない」「米軍の基地は絶対に来ないのか」と、計画を疑問視する声が相次いだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加