佐賀市は基礎疾患がある人と、高齢者らが入所・居住する施設職員を対象に、個別接種の受け付けを行っている。基礎疾患の範囲は慢性の呼吸器疾患、心臓病(高血圧)、腎臓病など。診断書など証明書は必要なく、予診票の質問事項に記載する。高齢者らが入所・居住する社会福祉施設などで利用者に直接接する職員は、事業主から証明書を発行してもらい、接種当日に持参する。

 個別医療機関では接種券到着前でも予約、接種ができる。接種券到着後は、集団接種も利用できる。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加