事業計画などを審議した佐賀善意銀行の運営委員会=佐賀市天神の佐賀新聞社

 佐賀善意銀行(頭取・中尾清一郎佐賀新聞社社長)は30日、佐賀市の佐賀新聞社で運営委員会を開いた。運営委員や監事ら12人が出席し、昨年度の事業報告や本年度の運営方針などを確認した。

 事業報告では、昨年度の預託総額は1721万3920円となり、このうち「7月豪雨災害義援金」は145件1557万98円だったとの説明があった。預託金で一般預託や歳末たすけあいが前年を下回ったことも報告された。委員からは、多くの団体を支援できるように広く預託を呼び掛ける取り組みを期待する意見などがあった。

 助成事業や基金の贈呈など本年度の事業計画も承認した。本年度は申請があった7団体に対して各3~10万円、総額36万円を助成することを決定した。(中島野愛)

 助成先は次の通り。

 NPO法人DV対策・予防センター九州▽県BBS連盟▽県腎臓病協議会▽特定非営利活動法人セルフ▽特定非営利活動法人とす市民活動ネットワーク▽日本オストミー協会佐賀県支部▽よらんね神埼

このエントリーをはてなブックマークに追加