佐賀市は6月30日、19~64歳を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種の予約スケジュールを統一し、一部前倒しすると発表した。当初、個別接種医療機関への受け付けは、7月12日から段階的に行う予定だったが、「医師会との調整ができた」として19~64歳すべての年齢で「12日予約開始」とする。

 50~64歳の市民には既に接種券を発送済みで、19~49歳には7月2日の発送を予定する。市の担当者は「予約開始を早めるが、医療機関の態勢によっては受け付け開始後の数日間、混雑することも考えられる。心に余裕を持ち、予約をしてほしい」と呼び掛ける。

 12~18歳の接種券は7月中旬に発送を予定し、個別接種を8月中旬ごろに始める方向で調整している。

 国の供給計画でファイザー社ワクチンの供給の減少が示されていることから、個別接種は8月後半から、集団接種は9月以降、接種回数を減らす対応方針も示した。(川﨑久美子)

 

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加