集団接種に設けた「職域枠」の対象を、市内で働くすべての業種に拡大する。商工会議所、市商工会、市観光協会に加盟する事業所に勤務している人であれば、市外在住者でも対象になる。経済3団体を通じて申し込み、市が接種券を発送する。市外在住者には予診表付き接種券を送る。事業所が経済3団体に加盟していない場合は、市コロナワクチン接種室が別途、相談に応じる。

このエントリーをはてなブックマークに追加