英語での討論内容をALTと考える生徒たち=唐津市肥前町の肥前中学校

英語での討論内容をALTと考える生徒たち=唐津市肥前町の肥前中学校

 唐津市の肥前中で28日、日頃の英語学習で身に付けた単語や表現を生かす「English Day(イングリッシュディ)」が開かれた。2年生約30人が培った英語力を駆使し、東京五輪をテーマにしたディベートなどを行った。

 イングリッシュディは佐賀県の事業で、英語を母国語で話すネイティブスピーカーとの会話を通じて生徒たちの学習意欲を高めることを目的とする。この日は、県から派遣された2人のALT(外国語指導助手)らが参加した。

 生徒たちは英語で自己紹介やALTへの質問を行った後、「東京オリンピックは開催すべきか」というテーマについて賛成と反対に分かれてディベートを行った。ALTの助言を受けながら英語で意見を述べた。賛成派は「日本が幸せになる」「アスリートは五輪のために頑張っている」などと主張し、反対派は「膨大なお金がかかる」「新型コロナウイルスの感染が広がる」などと反論した。

 武田颯太さんは「緊張したし、英語で討論するのも難しかったけど、達成感があった。初めてだったけど楽しめた」と手応えをつかんでいた。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加