鳥栖-横浜M 後半33分、FW林大地(左)と交代でピッチに入る鳥栖FW二田理央=23日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場

 アウェーでの上位対決となった横浜F・マリノス戦。1点を追う終盤、指揮官は残りの交代枠で若い2人を呼び寄せた。サガン鳥栖U-18所属のDF中野伸哉とFW二田理央。中野の活躍は周知のとおりだが、2種登録されたばかり二田は早くも出場機会が巡ってきた。

 反撃に向けた2枚替え。ともに高校生とはいえ下部組織の充実を考えれば驚きはしない。J1のピッチに立った二田は、相手GKを慌てさせるファーストシュートを放ち、短い出場時間で存在感を示した。将来、デビュー時の写真が貴重になるほどの大物になることを願い、多めにシャッターを切った。(撮影・米倉義房)

このエントリーをはてなブックマークに追加