佐賀空港の西側に陸上自衛隊の駐屯地を併設し、輸送機オスプレイ17機を配備する計画。政府が2014年7月、佐賀県に受け入れを要請した。当初、沖縄県の米海兵隊の訓練移転も求めていたが、15年10月に取り下げた。市街地化が進む目達原駐屯地(神埼郡吉野ヶ里町)のヘリコプター約50機の部隊移駐も求めている。県は18年8月に要請を受け入れ、自衛隊との空港共用を否定した協定の見直しを巡って地元漁協との協議が続いている。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加