山口祥義知事と面談後、記者団の取材に応じた九州防衛局の伊藤哲也局長=佐賀県庁

 自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画に関わる九州防衛局の局長に就任した伊藤哲也氏が28日、佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事と初めて面談した。伊藤氏は終了後、「今週(30日)からの地権者説明会がポイント」とやりとりがあったことを記者団に明かし「誠心誠意、説明していく」と強調した。伊藤氏は佐賀市の県有明海漁協も訪ね、西久保敏組合長とも面談した。

 伊藤氏は山口知事と非公開で約30分の面談をした後、「これからいろいろと連携してやっていきたいということで、新任のあいさつで訪れた」と記者団に説明した。配備候補地の地権者説明会を巡っては、前局長の広瀬律子氏が漁協南川副支所の地権者を対象に先行して事実上の説明会を開き、反発を招いた。伊藤氏は「過去の経緯も踏まえ、漁協の皆さんの理解を得られるようにしたい」と述べた。

 西久保組合長との面談は約15分で、非公開だった。伊藤氏は終了後、漁業者との向き合い方について「まずは地権者説明会でしっかり説明し、皆さんの疑問にも応じたい」とした。西久保組合長は「焦らず、じっくり説明を尽くしてほしい」と注文した。

 伊藤氏は、広瀬氏の退任に伴い25日付で局長に就いた。(岩本大志、宮里光)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加