研修会で、児童養護施設の取り組みなどの説明を受ける参加者=佐賀市のアバンセ

 児童養護施設や里親家庭などで暮らす子どもたちの巣立ちを支援する認定NPO法人「ブリッジフォースマイル」が26日、ボランティア向けの研修会を佐賀市で開いた。児童養護施設「聖華園」(同市)の江口利也副園長が講師を務め、子どもたちの自立に向けた取り組みを紹介した。

 江口さんは、聖華園では短大生から幼児まで39人が、6~7人のグループに分かれて生活していると説明。民家を改修したグループホームで地域に溶け込みながら暮らしている状況や、自炊などの1人暮らしを疑似体験する設備も備えていることにも触れた。

 「何よりも気に掛けているのは普通の生活を送ってもらうこと」と述べつつ、「温かい食事を1日に3回食べられたり、『おはよう』や『お帰り』といったあいさつをしたり。当たり前の生活が続くことで、心に負った痛みや悲しみが少しずつ和らぐのではないか」と指摘した。

 以前は実業高校を目指す子どもたちが多かったが、最近は普通高から大学進学を目指すケースも増えてきており、高校卒業後の進路決定も課題として挙げた。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加