全九州高校体育大会は27日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館でボクシングが行われた。佐賀県勢は各県1位が出場するAパートで、ピン級の福田日翔(白石)が全国総体出場権を懸けた決定戦を制した。 各県2位が争うBパートライト級の堀田陸志(同)は決勝で敗れた。公開競技の女子は、ライトフライ級の寺田都姫(高志館)が優勝した。(古川公弥)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加