「SUNちゃん」「RISEさん」と名付けられた大型クレーン。SAGAアリーナの建設が続いている=佐賀市日の出のSAGAサンライズパーク周辺

「PARK君」と名付けられた大型クレーン。奥にはSAGAアクアが完成に近づきつつある=佐賀市日の出のSAGAサンライズパーク周辺

「SUNちゃん」「RISEさん」「PARK君」と名付けられた大型クレーン。SAGAアリーナの建設が続いている=佐賀市日の出のSAGAサンライズパーク周辺

 「SUNちゃん」「RISEさん」「PARK君」。SAGAサンライズパーク(佐賀市日の出)の建設現場に、かわいらしい名前が付けられたクレーンが現れている。巨大で迫力ある“容姿”と、上部に見えるネーム入り横断幕とのギャップが際立つ。

 共同企業体(JV)代表の戸田建設広報部によると、地域住民に親しみを持ってもらう取り組みで、作業員による投票で愛称が決まった。施設名を“解体”して3台に命名され、7月に追加されるクレーンの名前は「SAGAさん」の予定だという。

 工事車両が入るゲートを佐賀県観光PRキャラクター「壺(つぼ)侍」にちなんで「つぼ侍ゲート」と名付けるなどユニークな発想を取り入れ、「建設業界のイメージアップにつながれば」との願いも込める。コロナ禍で下向きになりがちだが、見上げてみるとほっこりすることもありそう。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加