さまざまな形やデザインの風鈴が並ぶ「有田ふうりん展」=有田町幸平の有田館

 「有田ふうりん展」が、有田町幸平の伝統文化の交流プラザ「有田館」で開かれている。多様な形やデザインの風鈴が澄んだ音色を響かせ、涼を感じさせている。8月31日まで。

 有田焼の窯元や商社13事業所が、約100種類を展示販売している。形はさまざまで、釣り鐘形のほか金魚や猫などの生き物、徳利もある。

 デザインは染付の青色が涼しげな有田焼の伝統柄をはじめ、夏らしいアサガオやヒマワリなどの植物、バルーンや花柄など華やかな絵付けの作品も並ぶ。価格は1100~5500円。

 会場では、有田小の6年生が絵付けした風鈴も展示している。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加