東芝の株主総会会場に向かう人たち=25日午前、東京都新宿区

 東芝が25日開いた定時株主総会で、経営監督を主導する立場の永山治取締役会議長ら2人の取締役再任が否決される異例の事態となった。昨年の総会で大株主の議決権行使を妨害しようとしたとされる問題が直撃し、一段と経営の混迷が深まった。物言う株主の海外ファンドが関与を強めそうだ。

 東芝は総会で11人の取締役選任案を諮り、経営をチェックする監査委員会の委員を務める小林伸行氏の再任も否決。綱川智社長ら9人は可決された。東芝は総会後の取締役会で新経営陣を決定。綱川氏が取締役会議長を暫定で兼務する。取締役1人は辞任した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加