消費者庁は25日、東京電力ホールディングス販売子会社の東京電力エナジーパートナーに対し、事実と異なる説明をして勧誘したのは特定商取引法違反に当たるとして、一部業務停止命令を出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加