河野太郎行政改革担当相は25日午後の臨時記者会見で、自治体が実施する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種に関し、米モデルナ製が足りない場合は、米ファイザー製を活用する考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加