丸川珠代五輪相は25日、東京五輪・パラリンピック開催による新型コロナウイルス感染拡大を天皇陛下が懸念されていると、宮内庁の西村泰彦長官が「拝察」しているとした発言を受け、安全、安心な大会実現に向けた取り組みを進める考えを改めて示した。閣議後の記者会見で「長官ご自身の考えを述べられたと承知している。感染症対策は大会があろうとなかろうと、しっかりやらないといけない」と語った。

 丸川氏は「これから状況も変化する。状況に合わせて対策を強化していく」と述べ、関係自治体とも連携して感染拡大防止に努めることを強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加