贈呈式で、目録を渡した福田敏治会長(右)と甲斐直美部長=佐賀県庁

 佐賀ライオンズクラブ(福田敏治会長、56人)が24日、佐賀県に10万円を贈った。寄付金は県の障害福祉関連事業に活用される。

 寄付は2015年度から始め、今回が6回目。4月に開催したチャリティーゴルフで集まった浄財の一部を贈った。

 県庁で贈呈式が開かれ、福田会長は「今回も有効に活用してもらえたら」とあいさつ。県健康福祉部の甲斐直美部長は「障害の有無にかかわらず、誰もが暮らしやすい環境づくりのために役立てたい」と述べた。

 寄付金は「佐賀県障害者支援ハンドブック」の作成費用に充てる予定。ハンドブックは関係機関や障害者団体などに配布している。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加