宮内庁の西村泰彦長官

 宮内庁の西村泰彦長官は24日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックへの天皇陛下の受け止めについて、「陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変心配されている。国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と述べた。

 西村長官は「日々、陛下とお話ししている中で、私が肌感覚でそう感じている。陛下から直接そういうお言葉を聞いたことはない」と付け加えた。

 陛下は両大会の名誉総裁を務め、開会式に出席し、開会宣言されることが検討されている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加