3日間にわたった定例県議会一般質問で、地域防災を担う消防団員の処遇改善について議員3人が取り上げた。「(消防庁の)通知に困惑している市町も多いと認識している」。危機管理・報道局長の答弁を聞き、中央が決めた方向性に戸惑う地方の姿を想像した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加