30年前に事実婚した鳥栖市の夫婦も、最高裁の判断を注視していた。2015年と同様に、夫婦別姓を再び認めない結果に「時代錯誤。どこに立って、誰の声を聞こうしているのか」と厳しい目を向けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加