18日の佐賀新聞の紙面でも警告してありましたが、パソコンがウイルスに感染したという偽警告を出して誘導し、代金を請求されたり悪質なソフトをインストールさせられたりする被害が急増しています。

 私も先日インターネットを利用中、突然に警告音が鳴り響き「Windowsセキュリティシステムが破損しています。」などの警告メッセージと最新ソフトをインストールするように更新ボタンが表示されました。WindowsやMicrosoftの文字が入っているとつい慌ててしまいがちですが、これらはすべて偽物です。

 修復と言いつつ「更新」や「インストール」のボタンを押すと悪質なソフトがインストールされてしまいます。修復のための料金を請求するパターンもあります。

 もし、このような場面に出くわしたら慌てないで、何も触らずウィンドウを閉じるか、パソコンを強制終了します。その後、少しでも挙動がおかしいようでしたらパソコンに詳しい人のアドバイスを受けて対処してください。(パソコンスクール経営)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加