バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズを運営するサガスポーツクラブ(佐賀市)は22日、竹原哲平氏(23)が社長を退任し、代表取締役の田畠寿太郎氏(48)が同日付で社長に就任したことを発表した。

 竹原氏の退任は、同日に開かれたBリーグ理事会で承認された。同氏は2017年12月にサガスポーツクラブを設立し、社長に就任。18年4月に佐賀バルーナーズを創部した。退任の理由は明らかにしていないが、同社は「クラブをより大きく成長させるための選択と聞いている」と話した。

 竹原氏はクラブを通じ選手やブースターに感謝の言葉を述べ、「佐賀バルーナーズというクラブが、日本を代表するクラブへ進化していく日が来る。かならずその夢は叶うと信じている」とコメントした。

 田畠氏は先月、同社の代表取締役に就任。22日にあった臨時株主総会で社長就任が決まった。田畠氏は「より多くの佐賀の方に愛されるクラブを目指す。応援してくれる方の熱い思いを原動力に、B1昇格という大きなチャレンジに闘志を燃やしていく」とコメントした。(草野杏実)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加