新型コロナウイルスの対策本部会議で、佐賀県外への移動自粛要請の解除を発表した山口祥義知事=県庁

 佐賀県の山口祥義知事は22日、県内や福岡県の新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いているとして、「県外への移動と県外での会食の自粛要請」を解除すると発表した。今回の解除で14カ月ぶりに県のコロナ関係の要請事項がなくなった。

 県庁で開かれた対策本部会議で言及した。6月に県内で確認された感染者数は21日までで計42人で、3週間の比較では昨年11月以来7カ月ぶりの低水準として、山口知事は「いったん要請をすっきりと解除したい。コロナ対策はメリハリが大事」と述べた。

 これに伴い、県教育委員会は部活動に関し、県外の学校やチームとの交流自粛を23日から解除する。

 今回解除した要請は4月26日に示した。県は昨年4月17日に緊急事態宣言の対応として外出自粛や休業を要請して以降、地域を限定した往来自粛などさまざまな要請を行ってきた。(宮﨑勝)

このエントリーをはてなブックマークに追加