2022年秋ごろの九州新幹線長崎ルート暫定開業に伴って上下分離されるJR長崎線肥前山口(杵島郡江北町)-諫早に関し、一部の普通列車がディーゼル車両から電車になる見通しになったことを受け、佐賀県は22日、「上下分離後も長崎線の佐賀方面との直通運行が可能になる」との見解を示した。肥前浜(鹿島市)より南の駅は従来通りディーゼルだけ運行される予定で、電車との乗り換えが増えて利便性が低下する懸念を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加