訓練で行方不明者の救助を確認する青バイ隊=唐津市二タ子の佐賀県ヨットハーバー周辺海域

救助者を搬送する唐津署の署員たち=唐津市二タ子の佐賀県ヨットハーバー

 台風や大雨に備え、唐津署は21日、海上で行方不明者の捜索・救助活動をする訓練を唐津市の佐賀県ヨットハーバーやその周辺海域で行った。署員ら約30人が参加し、手順を確認した。

 訓練は、大雨で増水した松浦川の様子を見に行った男性2人が海まで流されたという想定で実施した。無線で県警警備艇「あさぎり」や県警ヘリ「かささぎ」などと連絡を取りながら、行方不明者を発見。NPO法人唐津湾小型船安全協会の「青バイ隊」が水上オートバイで救助し、警備艇に引き渡した。

 訓練は2015年から行っている。同署警備課は「訓練は大きな問題がなく、流れも良かった。今後も関係機関と連携し、災害に適切に対応できるよう準備する」と話した。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加