日本陸上競技連盟は22日、男子50キロ競歩の2019年世界選手権覇者で東京五輪代表の鈴木雄介(富士通)がコンディション不良のため、五輪を辞退すると発表した。補欠の勝木隼人(自衛隊)が代わりに出場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加