前回は新しく刊行した『佐賀県近世史料』第10編第7巻を紹介しましたので、今回は収載されている史料の中から、諫早市立諫早図書館所蔵「神社記」を取り上げます。

 『佐賀県近世史料』なのに諫早市の史料?、と思われた方もいらっしゃるかもしれません。江戸時代、現在の諫早市の大半は、佐賀藩重臣で親類同格の諫早家の領地でした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加