自動車用シートなどを製造するトヨタ紡織九州(神埼市)の社長に就任した望月郁夫氏(62)。同社は高級車向けの製品を扱い、グループ内でもブランド発信力や売上高での位置づけは高いという。「重要な会社で責任感を抱いており、身の引き締まる思い」とする一方で、「新たな土地で新たなメンバーとの仕事は楽しみ」と話す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加