ワクチンを冷凍庫に搬入する日本体育大関係者(左)ら=18日午前、東京都世田谷区の日体大

 学生や教職員を対象にした新型コロナウイルスワクチンの大学での接種が21日から始まる。全日本空輸や日本航空が先行した企業の職場接種も同日から拡大し、64歳以下の一般接種が本格化する。会場となる大学や企業にはワクチンが届き、当日に向けたリハーサルも行われた。若者や現役世代への接種加速で、感染拡大の抑え込みにつながることが期待される。

 文部科学省によると、21日に開始する大学は17校。東北大や広島大、慶応大や近畿大、松本歯科大や神戸市看護大など医療系学部を持つ所が多い。医学部がない日本体育大は医師免許を持つスポーツ医学の教員らが担う。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加