全九州高校体育大会は19日、大分市の昭和電工ドーム大分などで5競技があった。

 佐賀県勢は、陸上北九州地区予選で男子400メートルリレーの佐賀工が40秒86で優勝。男子走り高跳びでは小野光槻(龍谷)が4位、女子800メートルの小松夕夏(唐津東)は5位に入った。レスリング女子個人62キロ級の大鋸楓華(鹿島)は3位となり、卓球男子団体の北陵は決勝で開新(熊本)を3―1で破り優勝し、それぞれ全国大会の出場権を獲得した。

 20日は同会場などで陸上競技や少林寺拳法、ホッケーが行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加