記者会見する河野行革相=15日、東京都千代田区

 河野太郎行政改革担当相は20日の日本テレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンに関し、夏休みを利用して12歳以上の児童、生徒への接種を進めたいとの意向を表明した。「子どもたちや学生には夏休み中に打ってもらいたい」と述べた。政府は小中高校での集団接種ではなく、かかりつけ医による個別接種を念頭に置いている。

 ワクチンは米ファイザー製に続き、米モデルナ製も12歳以上に対象を拡大する国内手続きが進んでいる。河野氏は、12歳以上の接種により「2学期から心配せず学校に行ける状況にできたらいい」と期待。近く文部科学省が方針を示すと明らかにした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加