日本フェンシング協会会長を退任した太田雄貴氏(右)と肘タッチする新会長の武井壮氏(左)=19日、東京都新宿区(同協会提供)

 太田雄貴氏、武井壮氏

 日本フェンシング協会は19日、東京都内で総会と理事会を開催して新理事選任と役員改選を行い、五輪メダリストで2017年から組織改革や競技普及などで新たな取り組みを実行してきた太田雄貴会長(35)が退任し、後任には陸上十種競技の元日本王者でタレントの武井壮氏(48)が就いた。

 記者会見した2人は以前から交流があり、スポーツへの造詣が深くタレントとしても発信力がある武井氏に、太田氏が就任を要請した。太田氏は「引っ張る言葉を持っている。この人だったらと思いが至った」と述べ、武井氏は「重みを感じている。一人のアイデアマンとして尽力したい」と抱負を語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加