日本フェンシング協会は19日、東京都内で総会と理事会を開き、五輪メダリストで組織改革や競技普及などで新たな取り組みを実行してきた太田雄貴会長が退任した。後任はタレントの武井壮氏が務める。

このエントリーをはてなブックマークに追加