佐賀県内の新型コロナの感染状況(2021年6月18日現在)

 佐賀県は18日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた80代以上の中等症患者1人が亡くなったと発表した。県内での死者は24人になった。県は遺族の意向が確認できていないとして、詳細の公表を控えた。新たな感染者は確認されなかった。

 複数あるインド株の中で最も警戒が必要とされる「デルタ株」かどうかを調べるスクリーニング検査で、6月14~17日の3件を調べたところ、全て陰性だったことも発表した。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加