全九州高校体育大会は18日、大分市の昭和電工ドーム大分で陸上競技の北九州地区予選が行われた。佐賀県勢は男子100メートルの田中翔大(佐賀工)が10秒53、女子100メートルの永石小雪(佐賀北)が大会新の11秒76でそれぞれ頂点に立った。

 男子八種競技の小野颯大(龍谷)、女子400メートル障害の江口蘭琉(らんる、佐賀清和)はいずれも2位。男子5000メートル4位の間瀬田純平(鳥栖工)、同棒高跳び6位の川久保賢斗(龍谷)とともに全国総体出場を決めた。

 19日は同会場などで北九州地区陸上や少林寺拳法、レスリングなどが行われる。(古川公弥)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加