唐津市や玄海町の各地で20日、マルシェ(市場)が開かれる。地元の特産品や雑貨などの買い物やグルメ、イベントなどを楽しむことができる。会場で新型コロナウイルスの感染対策を取った上で行われる。

 唐津市本町の旧唐津銀行外苑芝生広場では「旧唐マルシェ」(午前10時~午後3時)が開かれる。唐津ケーブルテレビジョン(ぴ~ぷる放送)と唐津観光協会主催。地元の企業や飲食店など8店舗が出店し、限定のメニューや雑貨を販売する。

 同市海岸通の唐津水産会館では「からつ応援市場」(午前10時~午後4時)が開かれる。産直サイト「未来ギフト実行委員会」が、新型コロナの影響を受ける農業者や漁業者らを応援しようと3月に続いて実施する。野菜や魚などを販売する。

 玄海町の玄海温泉パレアでは「きてろ祭」(午前10時~午後4時)が開催。肉や魚、野菜を販売し、購入者にはパレア館内で利用できる100円割引きクーポンがもらえる。海洋生物のふれあい体験などもある。きてろ祭はシーデッキを活用していて、パレアでは個人や団体の要望に応じてイベントでのシーデッキの貸し出しも検討している。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加