9都道府県の緊急事態宣言が解除される21日以降、飲食店に時短営業や酒類提供の制限などを要請するのは17都道府県となった。共同通信が18日に集計した。新規感染の減少による要請打ち切りが相次ぎ、5月時点の36都道府県から縮小した。

このエントリーをはてなブックマークに追加